いざという時にはモーニングアフターピル

低用量のピルが日本でも処方されるようになって十数年経つのですが、徐々に認知度が上がってきている状態です。
これは、毎日飲むことによって、生理周期を整えて排卵を抑制して妊娠を防ぐことができるというものであり、事前に準備をしておくようなスタイルの避妊薬になります。
しかし、いろいろな避妊法があるのですが、失敗率の高いものもあったり、男性が避妊に消極的であったりするときには、事後に困ってしまうこともあるでしょう。
さらには、望まない性交渉などでは、交際をしている相手ではない人から強姦をされてしまうという可能性もあるかもしれません。
そういった時のために知っておきたいものとして、緊急避妊薬であるモーニングアフターピルです。
これは、性交渉をしてから72時間以内に服用すると、もしも受精卵ができてしまったとしても、中用量の女性ホルモン剤によって子宮内での着床を防ぐ、つまり妊娠を避けることができるという避妊薬なのです。
最近はいろいろな種類が出ているのですが、まずは産婦人科で相談をして、その人に合ったモーニングアフターピルを処方してもらうといいでしょう。
種類によっては、医療機関で数万円もする場合もありますが、妊娠をしてしまって中絶をするよりもずっと負担は軽くなることでしょう。
数ある種類の中でも最も人気のあるものとして、アイピルというモーニングアフターピルがあります。
これは医療機関を受診しなくても、海外の個人輸入のサイトで注文をしても入手できます。
しかし、その場合では注文から手元に届くまでに1週間から10日程度かかってしまうので、あらかじめ購入をしておいて、いざという時のために備えておくと安心することができるでしょう。
ご購入はこちらから→アイピル(アフターピル)■ネット総合病院通販

こちらの記事もいかがですか?