レボノルゲストレルの飲み方

レボノルゲストレルの説明をする医師
レボノルゲストレルとは、いわゆるピルの一種で、第2世代の黄体ホルモン薬と呼ばれる種類の薬です。
有効成分として、卵胞ホルモンや黄体ホルモンといった女性ホルモンが配合されています。
これらの女性ホルモンが性腺刺激ホルモンの分泌を抑制する事により、排卵が起こるのを防止する効果があります。
この薬の代表的な効果は避妊作用です。
しかし、それ以外にも月経周期の乱れの改善や、生理痛の緩和等といった効果もあります。
長期的に服用を続けると、卵巣がん予防に対する効果も期待出来ます。
具体的な使用方法は、1日1錠を決まった時間に毎日服用するのが一般的です。
この服用を21日間続けて、その後で7日間薬の服用を休止します。
この流れを1つの周期として、繰り返していくスタイルになります。
もし、レボノルゲストレルの服用を連続2日間以上忘れた場合には一度服用を取り止めます。
そして、次の月経の開始に合わせて服用を再開します。
レボノルゲストレルは様々な効果が期待出来ますが、その反面で副作用が起きる場合があるので注意が必要です。
代表的な副作用としては、頭痛や腹痛等が挙げられます。
その中でも特に注意が必要なのが、血管が詰まってしまう血栓症です。
むくみや激しい頭痛、動悸等の症状が出た場合には、速やかに服用を中止して医師に相談する事が大切です。

こちらの記事もいかがですか?