望まない妊娠を避けるための手段

望まない妊娠を避けるための手段として一番ポピュラーなものがコンドームです。
避妊具として有効なだけでなく、性感染症のリスクを低くできるというメリットもあります。
また、購入が容易で医師の診察も必要ありません。
それに対して、女性が主体となって使用する避妊ピルやIUDなどの避妊具は、処方箋が必要だったり、定期的な通院で検査をしなければならなかったりと手間と時間とお金が必要なのです。
また、基礎体温の測定で安全日を見極める方法は、避妊具を用いる方法よりも相当確実性が低くなります。
膣外射精は当てにならず、避妊方法とは呼べません。
男性がわずかに放出する射精以前の段階の液体にも精子は含まれているからです。
そうした理由から、手軽に使えるコンドームが最も多く用いられるのですが、残念ながら100パーセントの確率で妊娠を回避できるわけではありません。
生命力というのは非常に強く、確実な避妊方法とされている避妊手術を受けた場合でさえ妊娠するケースがあるくらいです。
最も有効な避妊方法は、妊娠を望まない場合には性交を行わないことです。
コンドームを用いる場合には確実に使用し、安全日や避妊ゼリーなど他の方法と組み合わせて用いるとより高い効果が期待できます。

こちらの記事もいかがですか?