避妊薬に関する注意事項

妊娠を避けたい場合に正しく使用すれば、コンドームの使用よりも確実に避妊出来る効果があるのが経口避妊薬で、ピルやOCとも呼ばれています。
経口避妊薬には色々な種類がありますが、主成分は合成された卵胞ホルモンと黄体ホルモンとなっており、これらの女性ホルモンの配合されている量が少ないものが低用量ピル、多いものが中用量ピルや高用量ピルとされ、目的によって使い分けられています。
普通の女性が避妊効果を求めて普段から飲んでおくものは低用量ピルで、避妊効果の他にも月経不順を治したり月経痛を軽減するなどの副効用があるため、それらの症状の改善目的で飲んでいる人も多くいます。
避妊薬はスギ薬局のようなドラッグストアでは売っていないので、婦人科で処方してもらうのが基本的な入手の仕方になります。
日常的に使用して避妊効果を得る低用量ピルの他にも、緊急避妊薬として使用されるアフターピルもスギ薬局などでは買えません。
例えばコンドームが脱落してしまったなどの理由で、事後に緊急避妊薬を飲む必要がある場合は、72時間以内に飲まなければいけないのでスギ薬局などの身近な場所で買えたら便利なのですが、あいにくそういったドラッグストアでは取り扱われていないので、婦人科や産婦人科を受診しましょう。
さて、低用量ピルはピル外来が設置されている所をはじめ、全国の婦人科で処方してもらえますが、血栓が出来やすい体質の人など、残念ながら服用が出来ない場合もあります。
また、低用量ピルは飲み合わせに注意が必要な薬が色々とあるので、いつも飲んでいる薬がある人は医師に相談をして危険が無いかを確かめておくのがおすすめです。
低用量ピルによって効果が増大する薬には、胃潰瘍の薬などがあります。
そのため、胃潰瘍の治療中や胃潰瘍になりやすい人はピルが利用可能かを医師に確認してみてください。
避妊薬は正しく使えばとても有益なのでうまく付き合っていきましょう。

こちらの記事もいかがですか?