避妊薬の原料と平均的な費用

避妊薬は現在さまざまなところで利用される物となっていますが、その詳細については今一つ知られていないような部分もあります。
そこでまず多くの人が知りたいと考えるポイント、避妊薬の原料についてはどういったものがあるのかというと、基本的には卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二つの女性ホルモンです。
卵胞ホルモンは別名エストロゲンと呼ばれるものであり、これは女性らしい身体つきを作る作用のほか、卵巣内の卵胞を成熟させて排卵と受精に備える働きを有しています。
対して黄体ホルモンは別名プロゲステロンと呼ばれる物で、これは排卵直後から受精に備えて妊娠しやすい状態を作るのが役割です。
また妊娠後に子どもに栄養を与えるために水分や栄養分を蓄える働きもあります。
避妊薬はこれらを原料とするホルモン剤であるため、これが経口摂取されることによって女性の体の中にはこれまでよりも多い女性ホルモンが補われるということになります。
さて、それでは原料はこうしたものがあるとして処方に際して必要になる費用としてはどれくらいになるのかというと、これは平均して一月に2000~3000円程度です。
避妊薬は保険適用外であるため、基本的には自費診療です。
年間を通してみれば2万4千円~3万6千円の範囲内に収まるという形になるため、避妊のみを目的とするのであれば少々高額だとも思えるのですが、現実としてはホルモンバランスに起因する諸症状の緩和や治療の効果もあるため、そうしたことを含めれば費用にも納得できると言えるでしょう。
避妊薬の原料と費用は以上のようになっています。
ただしかし、こうした分野に関しては日やさまざまな研究が行われており、その中では新しい医薬品が出る可能性も十分にあります。
ですので避妊薬の服用を考えるのであれば、まずは専門医に相談の上、指導を受けるようにしましょう。

こちらの記事もいかがですか?